SATSUKI

 2016-06-28
プロ・ビーラーです.

この日はちょっと曇天な日曜日ですが,ヨメとお昼過ぎから赤坂方面へ向かいます.
と言うのも,けっこう話題になっていたイヴェント”「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)展”の招待券をいただいておりまして.
こちらはすでに終了しておりますが,最後の1週間は前の週末には予約いっぱいになるほどの人気だったようですね.
ひとまず我々も赤坂から↓のシャトルバスで向かいましょう.
シャトルバス
って,すでに銀座から乗車したお客さんでシャトルバスもほぼ満席(汗

到着してみると目に入ったのはいきなりのDGR(大行列)!
でも招待券を持っていたので,すんなりと入場出来ました♩
入り口
入り口には↓のようなクルマも.
クルマ
こちらは昔,商品の配送に使っていたというシトロエン.
この屋根の荷台にスーツケースなどを載せてってのもロマンがあって良いですなぁ♩

さっそく入ってみると,そこはまさに圧巻の世界!
トランク1
旅をテーマにしてルイ・ヴィトンのブランドや製品の歴史や時代背景,そして貴重な資料がずらりと展示されておりました.
トランク2 展示1 展示2
中には様々なアーティストとコラボした製品やスペシャルオーダーの品なども展示.
写真はないけど板垣退助のトランクなども展示されてたりして.
まさに本気の展覧会,コレが無料で見られるってのはスゴいハナシですね!

興奮醒めやらぬまま,その後は新しく出来た”東京ガーデンテラス紀尾井町”に来てみたけれど,この時はまだお店が出揃ってないので若干興醒めな印象.
なので,目の前のホテルニューオータニでお食事でもして帰りましょうか?
ということで来たのはこちらです.

ザ・メインのロビィ階のカフェ&ダイニング,”SATSUKI”ですー.

こちらは入り口の写真などは撮りませんでしたが,玄関を入って右手にあるのですぐにわかります.
しかもお隣には”ピエール・エルメ・パリ”と”パティスリーSATSUKI”も併設されているので,入店に少し待ったけれどケーキなどを眺めていると
時間も過ぎるもんです.
この日はちょうど18時すぎで混雑してましたが,しばらくすると名前が呼ばれました.
この日はお店奥のテーブル席に通されました.
ひとまず歩き疲れたので私は麦酒でノドを潤して,と.
麦酒
メニューはプリフィクスのディナーコースなどもありますが,ちょうど”夏の特撰メニュー”というのがあったので,そちらから選んでみましょうか.

麦酒を飲みながらメニューを眺めていると,私が気になったのは”Jシリアルカレー”なるモノ.
こちらは,

”オリジナルのブレンドで配合した八穀米“Jシリアル”に、厳撰された柔らかい豚フィレ肉のカツと、コクのあるスパイシーなカレーをたっぷりと。”


だそう.
けっこうヴォリュームありそうですが,私はコレに決定.
ヨメはパスタ系が気になったようですが,その中でも見た目的に比較的オーソドックスな”“GOLDEN PASTA” ボロネーゼ”をチョイス.
こちらは

”尾崎牛をたっぷり使ったスパゲティ。お肉に負けない力強さを持つ “GOLDEN PASTA” を使用。
“ボロネーゼ” を超えたボロネーゼをご賞味ください。”


とのことで,他のサイドメニューなどはオーダーせずにすんなり決定しました.

そして待つこと10分ほどで提供されたのは,,,
薬味
まずは薬味のセットだったりします(笑
右側のモノはキャベツのドレッシングだそうで.

そしてすぐにカツカレーも出てきました.
カツカレー
予想通りですが,こりゃなかなかヴォリューミー!
カツカレー詳細
カツの存在感もさることながら,カレーにいたっては真っ黒なうえドロドロです.
カレー カレーかけ
なので,ご飯にかけてみても粘度が高くしみ込まない印象.
でもコレがしっかり辛い!汗がどっと出てきます.
もちろんコクもあるし美味しいカレーなんですが.

そしてこちらはボロネーゼ.
ミートソース
こちらにも少ないながらもお肉のローストが乗ってます.
コレは比較的懐かしい味付け,昔ながらのミートソースといった趣です.
でもお肉の主張もしっかりあるので,コレならお子さんでも充分に楽しめる1皿なのでは?
その後はお皿を代えつつ,しっかり完食〜.

こちら,宿泊の際の朝食にも利用出来ますが,我々は以前からニューオータニのプールに来た後や手軽にパパッといただく時に利用してます.
でもスイーツ好きの方には”スーパーシリーズ”と銘打ったショートケーキなどの方が有名かな?
さすがにお値段はホテル価格!正直すべてお高いですが,味の方は安心していただけるのは嬉しいところ.
もちろん頻繁に足を運ぶお店ではないけれど,メニューの種類も豊富だし迷った時には重宝するお店です☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/776-0a5469e1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫