李朝園 吉祥寺店

 2016-07-03
プロ・ビーラーです.

この日は土曜日.
仕事を早めに終え吉祥寺へ急ぎます.
と言うのも,この日の夜はお知り合いの風祭 東氏のレコ発Live!
途中休憩もはさみ,3時間以上の圧倒的なステージ!
それはそれは楽しめました♪

終演後の21時半すぎ,さすがにお腹が空いちゃいまして.
この吉祥寺辺りでパパッとラーメンでも?と思ったのですが,ヨメが唐突に懐かしいお店を思い出したのでした.
さすがにこの時間ならダイジョブでしょ!と向かったお店はこちらです.

李朝園

吉祥寺の老舗人気焼肉店,”李朝園 吉祥寺店”です−.

私的にはこちらに最後に来たのはおそらく20年ほど前.
まだ稀少部位なんて言葉もなかったし,私も今ほどニクに対してのモチベーションも高くない時代です.
久しぶりの昭和の焼肉,楽しみデス!
この日はやはり遅めの時間だったので,待たずに入店出来ました.
店内は↓のような半個室的なテーブル席やお座敷などがありますが,我々もテーブルに通されました.
テーブル席
メニューは,,,表紙がいきなりこんな感じ−.
メニュー表紙
うん,私も飲んでいっぱいたべちゃおうかな?(笑

肝心なメニュー,やはり昭和感が満載です.
メニュー1 メニュー2 メニュー3
ん?昔って厚切りなんてあったっけ?
でもメニューはカルビにロース,海鮮焼きなんてのもある雑多ですが懐かしいラインナップです.

ドリンクメニューもハイボールや芋焼酎など今風の(?)モノもあるけど,サントリーの角やオールドなど懐かしい銘柄も.
ドリンクメニュー
ひとまず私はLiveでも飲んでたけど麦酒をいただきまーす.
麦酒
ヨメはお茶,ポットでの提供ですが,さらに卓上に目を向けると,そこも懐かしいグッズが!
お茶 グラス入れ
このコップ入れ,さすがに今では見ないよなー(笑

そしてこちらにはタレ,コチュジャン,ニンニクなどがあります.
卓上
ひとまずオーダーはシンプルにタン塩,カルビ,ロースの並とキムチといきましょうか.

七輪とともにオーダーした品が続々と運ばれて来ました.
焼き台
焼き台は炭,ちょっと少なめなので火力はそれほど強くありません.
そして一気にカルビ,ロース,キムチが登場だぁ!
カルビ
↑カルビは見ての通り,それほどサシが均一ではないけれど,ちゃんと脂の旨味が伝わるモノ.
ロース
↑ロースはいかにも赤身肉といった印象ですが,焼きすぎると固くなっちゃいますね.
でも旨味は充分に及第点.
キムチ
↑キムチは少し酸味が強いので,お酒のお供にはもってこいかな?

そして昭和の焼肉と言えばこいつを忘れてはいけない!とヨメが大至急発注したのは,,,
ご飯
はい,白いご飯ですー(笑
こちらにタレをジャブ付けしたお肉をワンバウンド,コレがまた良いんだよなー♪

タン塩は少し遅れての登場です.
タン塩
提供が早いけど,少しくっついてる部分もあるので,どうやらカットして冷凍しているモノを解凍してるのかな?
焼いてます
こちらも歯応えしっかり系のタン.
ちょっと臭みもあるけど,昔の焼肉のタンってこんな感じだったよなー.

さらにヨメの発注した焼き野菜もやっつけて,と.
焼き野菜
こうなると私的にはまた白い悪魔(?)を欲しくなるわけでして(笑
マッコリ
マッコリは小さめのサイズもあったので,そいつをいただいちゃいましょうか.

さらにリブロースも焼いちゃいましょう.
リブロース
こちらは先ほどのカルビよりもサシがキレイに入ってます.
タレとのマッチングもなかなかです.
ってことは,,,
OTR
もちろんヨメ的にはOTR(オンザライス)も欠かせないところ.
私はすっかりマッコリが加速,一気に完食となりました.

こちら,以前は行列になるので有名でしたが,相変わらずの人気のようで.
Instagramにもお肉の写真を載せたところ,なかなかの反響.
”昔行ってました!”とか”美味いですよねー♩”などなど,しかも本職の方からの反応も良好.
やはり時代が変わってもこのスタイルは残るべくして残ってるんだなぁ,と実感した次第です.
昭和の焼肉と言って思い出すのは有名な”金龍山”もそうですが,以前ご紹介した横浜の”焼肉みらく”.
やはりタレがキモなんだよなー.
またそんな昭和の焼き肉を探して行ってみようかな?なんて思ったりして.
何かオススメのお店があれば,情報お待ちしてまーす☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/778-0a63a80d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫