よしが浦温泉 ランプの宿 〜施設編〜

 2016-08-12
ヨメです。

前回はお部屋編をお送りした”ランプの宿”編ですが、今回はこちらの施設をご紹介いたします。
↓こちらは本館の入り口。私たちが宿泊する離れの奥にあります。

本館入り口

みなさんこちらで記念撮影をする方が多いみたいですが、私たちも例にもれずチェックアウト後にお願いしちゃいました。
記念撮影
本館の入り口はいかにも旅館!という雰囲気ですが、離れは特に玄関のようなものはないんです。
送迎の車も本館に宿泊する方はこの玄関の目の前まで来てくれますよ。
さて、本館に入る前に離れと本館の間からご紹介していきましょう。
その前にわかりやすくお部屋に置いてあった案内図を載せておきます。
案内図
見ての通り、離れと本館の間にはプールがあります。
プールから本館の眺め
こちらのプールも入れますが、特に脱衣所やシャワーなどはなく、この日も誰も入っている人はおりませんでした。
プール
と言うのも、こちらのプールの水は一応循環しているようですが、少し虫が浮いていたりするので入るのをためらっちゃいます。
ほぼ観賞用(?)のプールと言えば昨年宿泊した”rokuza”を思い出しますね。

でもこのプールサイドはBARスペースにもなっており、こちらでビールやカクテルなどをいただくことも出来るんです。
主人はさっそくビールをいただくみたい(笑)
麦酒 麦酒と眺望
ちょっと天気は今ひとつですが、このプールサイドでいただくのは気持ちよいですね♩
オーダーは↓こちらで出来ますが、宿の方に声を掛けると対応してくれますよ。
BAR BARメニュー
メニューもオリジナルカクテルもありますが、主人は能登ソルティードッグってのも気になったようです。

そしてこのBARスペースから本館に続く通路には↓のようなオブジェも。
アンパンマン
なぜかアンパンマン!(笑)
あまり反応する人は少ないかもしれませんが。

さて、お次は本館に入ってみましょう。
炉端
本館に入ると右手に目に入るのは↑の炉端。
こちらは冬場は火が焚かれるようですが、普段は喫煙所になるそうです。

本館に入るとまっすぐに↓のような廊下がつながってます。
本館廊下
この奥は本館のお部屋とお食事処になります。

そして玄関先のロビー前にはお土産が並んでますよ。
お土産 お土産 お土産 お土産
お土産はお宿のロゴ入りグッズや能登名産品、そしてお宿で提供するお酒などもあります。

この本館には男女別の浴場と露天風呂もあります。
ちなみにこちらのお宿は全13部屋の中でお風呂のないお部屋は5部屋。
なので本館のお風呂が付いていないお部屋の方は、このお風呂を利用することになります.
もちろんこちらは離れやお風呂付きのお部屋のお客さんも利用することは出来ますよ。

その中で特徴的な女性用のお風呂をちょっとご紹介いたしましょう。
本館のお風呂は前述の通り内湯と露天風呂がありますが、まずは内湯です。
女性内風呂 女性内風呂
それほど広くはないですが、混雑していることはありませんでした。
女性風呂内部
お風呂内の洗い場もちょっと狭く感じますが、宿泊人数を考えると妥当かな?

そしてお待ちかねの露天風呂をご紹介いたします。
露天風呂は↓のような洞窟風の造りになってます。
女性露天風呂
もちろん目の前に拡がる景色は日本海!
まさにオーシャンフロントの露天風呂なんですが・・・
女性露天風呂眺め
ちょっと身を乗り出すと離れの方が丸見えなんです(汗)
言うまでもなく海側からも無防備になるんですが、海側も時間に寄ると漁師さんやクルーズのツアーのお客さんも来るので、若干気になるところですね。
女性露天風呂眺め2
しかも↑の写真の手前の露天風呂は男性用。こちらも丸見えになっちゃいます。
さらに露天風呂の上には展望台的な休憩場所もありますが・・・
女性露天風呂テラス 女性露天風呂テラス眺め
こちらは岬にある展望台からも丸見えになるので、こちらを利用する方は水着の着用をオススメします。
余談ですが、こちらは目の前が海と岩場ということもありフナムシなども多く出没します。
なので虫が苦手な方はご注意を。

念のため脱衣所の写真も載せておきますが、こちらは特徴はないですね。
女性風呂棚 女性風呂脱衣所
でも、さらに特徴的なのはこちらの貸し切り風呂です!
貸し切り風呂外観
お宿の写真などではこちらがライトアップされた写真がよく使われてますが、こちらは50分3000円の予約制になります。
実は裏技(?)ですが、のと里山空港でレンタカーを借りてこちら(珠洲)の宿方面へ来ると3000円のキャッシュバックがあるんです。
宿で運転免許番号などの事項を記入する必要はありますが、それを使うとこちらの貸し切り風呂分は無料になるので、ぜひ利用してみてください。
↓はお部屋に置いてあった貸し切り風呂の説明書きになります。
ランプの宿
50分という時間制限がありますが、さすがに制限時間いっぱい入ることは少ないようです。

その貸し切り風呂はこんな感じになります。
貸し切り風呂
やはり目の前は日本海の絶景ですが、天井もスケルトンになってます。
貸し切り風呂天井
さすがに天井は開きませんが、目の前を開け放つだけでも開放感があって良いですね♪
でもこちらにもフナムシが紛れ込んでくるので注意しましょう。

ちなみにこの脱衣所は↓のように床の一部もスケルトンになってます。
貸し切り風呂床 貸し切り風呂脱衣所 貸し切り風呂説明
ただし見えるのはプールの底ですが(笑)
この貸し切り風呂は特にお風呂が付いていないお部屋のお客さん優先というわけではなく、先着順のようなのでチェックインの時など早めに予約することをオススメします。

駆け足でご紹介した施設編、お次はお待ちかねのお食事編をお送りいたしましょう。
季節により違う能登の名産を味わえるそうなので、こちらもお楽しみに☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/786-7052d74b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫