よしが浦温泉 ランプの宿 〜周辺編〜

 2016-08-20
プロ・ビーラーです.

今回の能登旅行・ランプの宿編はこの日記で終了となります.
最後は宿周辺と復路の観光編をお送りいたしましょう.

2日目の朝はなかなかの好天.
前日は曇り空でしたが,この日は↓のように青い空が拡がりました.

眺望

ちなみに1日目の眺望は↓こんな感じでした.
ランプの宿
何かどんよりしている方がいかにも日本海って雰囲気なのは気のせいでしょうか?(笑

この宿の周辺は”聖地の岬”と呼ばれ,パワースポットとしても有名な場所.
まず駐車場にクルマを駐めると目の前には↓の自然環境保護センターがあります.
自然環境保護センター
こちらにはお土産屋さんや展望台などの入場券,さらにクルーズの予約が出来ます.
ちなみに料金は,,,

空中展望台 大人(中・高)500円 小人100円
青の洞窟 大人(中・高)1200円 小人100円
展望台&洞窟割引チケット 大人(中・高)1500円 小人200円


とちょっと強気ですが,宿泊客は無料の優待券がいただけますよ.
案内図
↑この案内図は宿や周辺の観光案内が出てますが,パワースポットをアピールしているのがわかりますね.
そのせいか,宿泊客だけでなく観光客もなかなか多いです.
ひとまずこの中から”青の洞窟”に行ってみましょう.
自然環境保護センターを出ると,ちょうどランプの宿を見下ろす場所に↓のようなモニュメントがあります.
モニュメント
このモニュメントは”フレームストーン・夢の扉”というモノです.

そして有料のゲートをくぐると目の前には展望台”スカイバード”が.
展望台
先ほどの宿の全景はこちらから撮影したモノです.
この崖からせり出している展望台もありますが,下はスケルトンだしけっこう揺れるしで,高所恐怖症の私的には写真は撮れませんでした(汗

さて,お次は遊歩道を奥に進み”青の洞窟”へ向かいましょう.
青の洞窟まではけっこう急な下り坂になるので,足腰の悪い方にはちょっと厳しいかもしれません.
でも頑張って降りると↓のようなキレイな眺めも楽しめます.
洞窟の途中
そしてトンネルをくぐり,いよいよ青の洞窟とのご対面です!が,,,
青の洞窟 洞窟内
うむ,青くなーい(笑
光の加減で青くも見えるのかもしれませんが,普通の洞窟(失礼)です.
しかも洞窟内には↓のようなモノも.
洞窟内2
微妙にライトアップしてるのも怖いんですが(笑
ちなみにこの洞窟にある石はパワーストーンと呼ばれ,みなさん持ち帰っていたようなので我々も少しいただきました.



さて,お次はこの洞窟を海側から眺められるクルーズをご紹介いたしましょう.
洞窟ツアー
コレは30分3000円で前述の青の洞窟やパワーホールと呼ばれるスポットを海から巡るというツアーです.
一般の方も予約出来ますが,ランプの宿に宿泊する方優先になるので,我々はチェックアウト後に予約しました.

ツアーはみかづきが浜というプライベートビーチ集合になります.
このツアーも申し込むと自然環境保護センターでライフジャケットやサンダルを貸してくれますよ.
ただし,このビーチまではまた下り坂になるので,ビーチで履き替えるのが無難かも.
ビーチ ビーチ2
このビーチ,確かに三日月型ですが,さすがに泳いでいる人はおりません.
むしろ見学客すらいないので,このツアー参加者だけこちらに来ているようです.
この回の参加者は我々ともう1組,計4名で出航です.

ビーチを出るとまず目に入るのが前述の青の洞窟です.
海から洞窟 海から洞窟2
自然に削られた洞窟,こちらに船で入ると,,,
海から洞窟内
洞窟内にいた方が若干ビックリしている様子(笑
でも,,,船から見ても青くはないですね(苦笑

そして洞窟を出るとけっこう急な坂の通路も見えました.
洞窟までの通路
そしてさらに船は沖へ進みます.
もう少し進むとランプの宿が一望出来ます.
海からランプの宿2 海からランプの宿
さすがに船に揺られながらの眺めなのでそれほど細かくは見えませんが,双眼鏡などを使えば確かに洞窟風呂なども見えそうですね.

そしてランプの宿の裏手にパワーホールが出てきました.
パワーホール
パワーホールと言っても,見ての通り岩場にあるちょっとした凹みのようなところ.
こちらは希望者は船を下りて入れるみたいですが,今回はパスしました.

その後はまたビーチに戻りますが,↓のような沖の眺めを堪能出来ます.
眺め
ま,このツアーは約30分ほどですが,小さい船なので酔いそうな方は厳しいかもしれません.
でもランプの宿を海側から眺るのもそうですが,パワーホールは陸からは行きにくい場所なので余裕があれば行ってみると良いかも.



その後はレンタカーでまた海沿いからのと里山空港を目指します.
途中,気になるスポットがあれば寄ってみよう!ということで,ひとまず寄り道したのは↓この”見附島”です.
見附島 見附島2
こちら,見た目が軍艦に似ているということで軍艦島とも言われているそうですが,ちょうどこの場所の浜は“えんむすびーち”と呼ばれるスポットでもあるそうで,”えんむすびーちの鐘”というモノもあります.
ちょうど観光バスで来た人たちが列になって鳴らしていたので,我々はパスしちゃいましたが.

そしてまた海沿いを走るんですが,,,その後はコレといったスポットはなく,さらに天気が急変.
途中豪雨になったりしたので,早めに空港に帰ってきました.
ちょうどランチをいただいてなかったので,空港内のレストランでパパッといただくことにしましょうか.
私は”能登丼”にしたんですが,この丼は牛丼かサザエ丼のチョイス.
ココは能登牛を使っているという牛丼にしましょうか.
牛丼
ま,割り下が比較的甘めなので,牛さんの良さは正直分からず.
お箸
でもこの能登丼をオーダーすると↑この輪島塗のお箸がもらえますよ.

そしてヨメは能登牛のカレーにしました.
カレー
コレもいたって普通のカレーでした.

その後は定刻通りの羽田までのフライト.
フライトインフォ 飛行機
約1時間飛行機に揺られ帰京しました.

今回の能登の旅,能登自体行ったこともなかったし,正直予習もそれほどしなかったんですが,プランとしては大正解!
到着したときに観光案内の方に教わったプランがなかなか的を得ていて,参考にさせていただいたのが良かったかと.
なので,もしこちらに行かれるのであれば,まず空港の観光案内に立ち寄ることをオススメします.
ま,事前に予習をバッチリしておけばその必要もありませんが(笑

さて,いよいよ夏休み!
今年はそれこそノープランですが,思いっきりのんびりする予定デス.

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/790-2e18a25f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫