鮨 双忘(すし そうぼう) 〜ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道の夕食〜

 2016-09-05
プロ・ビーラーです.

ホテルに到着してひと通り散策した後はお部屋でマッタリ.
そしてお待ちかねのディナータイムになりました.
こちらのレストランは施設編でもご紹介した”メインダイニング Erretegia(エレテギア)”と和食の”Japanese Dining SOBO”,さらに”鮨 双忘”がありまして.
今回はもともと満席だったそうですがキャンセルが出たようなので,”鮨 双忘”を予約しました.

双忘

こちらはホテル本館脇の離れにあります.
離れ
実はこちらのお店は水曜定休なんですが,水曜日のこの日はちょうどお盆時期ということで特別に開いておりまして.
8席のみのカウンターに何とか滑り込むことが出来ました.
カウンターのみの店内はやはり瀬戸内の海を眺める作り.
ちょうど夕焼け時だったのでなかなかキレイですね.
眺望
カウンター内では寡黙な大将ともう1人職人さんが立っております.
カウンター内
↓こちらは合間に出される焼き物などを作る焼き場.
焼き場
メニューはおまかせのコース18000円のみ.
さっそく始めていただきましょう!
テーブルセット
その前にドリンクのメニューもご紹介しておきますか.
ドリンクメニュー
私はもちろん麦酒.一番搾りの広島づくりをいただきまーす.
麦酒 サイダー
ヨメは広島レモンサイダー藻塩プラスです.

さて1品目,まず出てきたのはこんな変わった形の器.
器
この器,底に磁石が仕込まれているので,このように傾いていても倒れないってな寸法なんですね−.
ちなみに器の中身は”しじみのお椀”でした.
出汁
ポチッと柚子があしらわれたお出汁,スターターとしては安心できる1品です.

そしてお次は小鉢が3皿出てきましたよ.
前菜
こちらは”オクラの酒盗チーズ和え”.
前菜1
さらに”長芋そうめんと雲丹”.雲丹は愛媛の赤雲丹だそう.
前菜2
そしてガラスの蓋を被ったこちらのお皿は”湯葉と鱧”.下には南京(カボチャ)のソースがあしらわれてます.
前菜3
この辺りは間違いなく麦酒が進むお皿ですね.

お次は季節の一品から”ねぶとの唐揚げ”です.
揚げ物
この”ねぶと”は瀬戸内の小魚だそう.
ふわっと揚げられた身がなかなか美味い.

お次は,,,笹に包まれたモノが供されました.
手まり寿司 手まり寿司中身
こちらは”かすごの手毬寿司”.
見ての通りの1口サイズなので,パクッといただいちゃいましょう.

そしてお造り.左から”かます,穴子,鱧”です.
お造り
こちらのツマにも南京があしらわれてるし,やはり季節的に鱧推しなのかな?

お次は煮物.
”鮑の柔か煮,カラスミ餡”です.
煮物
柔らかく煮込まれた鮑とカラスミ,やさしい出汁感も嬉しいところ.
この辺でやはりお酒が欲しくなっちゃいます.
お酒
お酒は大将オススメの広島のお酒,”宝剣”をいただきまーす.

そしていよいよ握りが始まりました.
まずは”おこぜ”.
お寿司1
こちらには大根おろしとポン酢の紅葉おろしがあしらわれてます.

さらに”キスの昆布締め”.
お寿司2
締め具合もちょうど良い感じ.

さらにまた”鱧”が握られました.
お寿司3
ただ,こちらはちょっと炙られているので風味や食感の違いが楽しめます.

お次はまた一品モノ.”鰻の白焼きの炭焼き”です.
焼き物
こちらも白焼きになってるので,ふんわりとした食感も味わえます.

そして7月の能登の旅でもいただいた”のどぐろ”は炙り握りで.
お寿司4
さらに”鰯のおぼろ昆布巻き”が切られました.
お寿司5
こちらには大葉,ネギ,一味が入ってるそうです.

そしてお次は”穴子のクリームコロッケ”が揚がりました.
コロッケ コロッケ中身
コレは麦酒が欲しくなっちゃうかなー(笑

お次は何やら白雪をまとったような提供ですが,”こち”の握り.
お寿司6
この白いモノはライスペーパーに塩を含ませてプレスしたものを振りかけているそうです.

そして”鰆”は上にタマネギを混ぜたツメが乗せられます.
お寿司7

お次に手渡されたのは”チーズの磯辺巻き”.
磯辺焼き
コレまた麦酒に合いそうですなぁ.

そして箸休めに”茄子のレモン漬け”を.
口直し
甘めのシロップに漬け込んだ茄子,コレが面白いことに目を閉じて頂くとりんごの味になるんですよー.

お次の握りは”サザエ”.
お寿司8
コリッとした食感が良いですね−.

そして”いさき”
お寿司9
皮目を炙っているので香ばしい.

お次は”イシダイの酒蒸し,梅肉と生姜のあん”です.
酒蒸し
比較的しっかり生姜が効いてるけど,さっぱりして好み.

お次は”にべ”.
お寿司10
聞き慣れないお魚ですが,鯛のような風味と食感です.

そして”しめ鯖”.
お寿司11
コレもちょうど良い締め具合.
青魚好きにはたまりません.

そして青魚が苦手なヨメ用には”あいご”が供されました.
お寿司12
コレも聞き慣れない名前ですが,ヒレに毒がある魚だそう.
見た目的には先ほどの”にべ”のように鯛に似てますね.

そして終盤になり”穴子ときゅうり”の巻物が.
手巻き
穴キュウは個人的に好物ですが,このような手巻きは珍しいかな?

そしてお椀,私は”鰯のつみれのお椀”,ヨメは”アカエイの真丈のお椀”です.
お椀1 お椀2
〆のデザートは”ところてん”.色とりどりのタピオカときなこ,黒蜜,さらに懐かしのドンパチが混ざってます.
デザート
コレ,タピオカとところてんは柔らかいけど口に入れるとドンパチが弾けるという面白い食感.
うん,なかなか楽しめました.

こちら,H.P.によると”銀座の名店「魚治はら田」の監修”とのこと.
なので江戸前かと思えば,地物の新鮮なお魚をふんだんに盛り込んであるのが嬉しい限り.
けっこう初見のネタも多いので,都内でいただくのと違った楽しみがあります.
こちらのホテルでは連泊する方も多いかと思いますが,カウンター8席のみのこのお寿司屋さん,ぜひ1泊の夕食に組み込んでみては?☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/795-e7e4426f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫