赤沢迎賓館 〜お食事編〜

 2016-10-17
プロ・ビーラーです.

赤沢迎賓館に到着後,赤沢スパのプールやボウリングを満喫.
そしてお楽しみの夕食の時間になりました.
こちらの宿では↓のお食事処でいただくことになっております.
今回は早めに18時指定だったので,時間通りにお食事処に向かいましょう.

赤沢迎賓館お食事処

↑の写真は中庭から眺めたお食事処.
お食事処は1階,2階にありますが,今回は2階のテーブルの個室に通されました.
気になるメニューは↓こんな感じ−.
メニュー
地物の魚などを使った和懐石,楽しみデス♪
とりあえずお食事の前にドリンクのメニューも載せておきましょう.
ドリンクメニュー1 ドリンクメニュー2 ドリンクメニュー3
ま,私の場合は最初は麦酒1択.
この中でもお部屋にもあったDHCの麦酒,”富士燦燦”をいただきまーす.
麦酒
麦酒でノドを潤しているとまず先付けが.
先付けは小蕪,江戸崎南瓜,加茂茄子,ふかひれのカクテルです.
先付け 先付け2
ふかひれは少なめなので,軽く食感を楽しむってな寸法でしょうか.

お次は前菜.盛り付けも食材も秋を意識したモノですね.
前菜
内容はまながつおの蒸し寿司,銀杏豆腐や岩もずくなど.
前菜1 前菜2 前菜3 前菜4
季節の食材ということで松茸もしっかり入ってるのは嬉しいですねー♩

そして椀物は海老芋饅頭です.
お椀 お椀2
こちらは優しい出汁感が嬉しい上に,柔らかい蒸し鮑も入ってます.
ちなみに上に乗った黄色いモノは黄ニンジンとのことです.

さらにお造り.
お造り
こちらもタカベ,クロムツ,メイチダイと聞き慣れない魚ばかり.
さらに添えられたあしらいも江戸崎かぼちゃなるモノ.
どれも珍しい食材とは言え,美味し!

焼八寸は甘鯛若狭焼きがメインのようです.
焼き物
さらに茶碗蒸しのようなこのわた蒸,火は通していないけど甘エビとキャビア,そして今回の唯一の(?)牛肉メニューの牛蒡牛肉巻きの有馬煮も華を添えております.
焼き物1 焼き物2 焼き物3
口直しの止肴は鰈の龍皮巻きを.
口直し
さっぱり酢の物風で口もスッキリします.

そしてそろそろ〆のご飯が登場です.
ご飯セット
ご飯はきのこたっぷりの炊き込みご飯.
さらに赤出し,京漬物が脇を固めます.
ご飯 味噌汁
さすがにこちらは松茸ご飯ではなかったけど,風味は抜群!

デザートは洋梨,黄金桃のソテーです.
デザート デザート2
量的にはそれほどではなかったけど,時間かけていただくとお腹もいっぱいになりますね.
正直,特に印象に残ったモノはなかったかもしれませんが,この内容ならむしろご年配の方も安心していただけるのでは?
もちろんサーヴィス,質とも充分に満足出来る夕食でした.

さらに夜食用におにぎりとお茶まで準備してもらいました.
おにぎり お茶 お茶説明
おにぎりの具材は昆布.
いつもなら夜食までたどり着けないことも多いんですが,今回はしっかりといただいちゃいました.



そして朝.
ちょうどご飯時には少し太陽も顔を出してくれて気持ち良い雰囲気での朝食です.
朝食も前日の夕食の時と同じ2階のお食事処に通されました.

着席するとまずオススメされたのは↓の梅干し.
梅干し ジュースなど
何やら胃腸を活性化する作用があるそうで.
さらにジュースで寝ぼけた身体を叩き起こしましょう.

そしてテーブルセットが1度下げられた後,朝食がセットされました.
朝食テーブルセット 朝食セット
朝食のメインはメダイの西京焼きでした.
西京焼き
そして副菜として舞茸の入ったお浸し,自家製の豆腐なども.
煮物 豆腐など
サラダのドレッシングは野菜をすり下ろした自家製のモノだそう.
サラダ ドレッシング
ちなみにご飯か白粥が選べますが,納豆が付くとなるとご飯を選んじゃいますよね(笑
納豆
さらに海苔やお新香といった和朝食の定番もスタンバイ.
海苔 お新香 味噌汁
朝食も比較的お上品(?)な量なので,安心していただけますね.

そしてデザートとお茶(珈琲)をいただいて〆となりました.
フルーツ 珈琲
その後はまたマッタリとお風呂に入り,チェックアウトの準備を.
1泊2日の滞在でしたが,私もヨメも大満足!
しかも今回のプランでは併設された”赤沢亭”でのランチも付いているということで,チェックアウト後は荷物を預けそちらに向かうことに.
その赤沢亭編は次回お伝えすることにしましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/811-50f04840
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫