東京台湾

 2016-12-19
プロ・ビーラーです.

この日は平日月曜日.
月曜日は私はジムに行く日なので家でご飯を食べることが多いんですが,ジムのインストラクター氏の都合でこの日はお休み.
たまには外でいただこうか?なんて考えていると,ヨメがこんなお店を思い出したようです.

東京台湾

中目黒GT裏手にある”東京台湾”ですー.

こちらのお店は普段は”ナポリンチョ (Napolincio Nakameguro)”(記事ナシ)というイタリアンのお店.
月曜限定でこの台湾料理のお店になるそうです.
しかも,ちょうどお店のF.B.によるとこの日は”東京台湾 × チエミサラ の CANDLE NIGHT!!”というイヴェントを開催しているのをヨメが発見.
以前の東京台湾も行ったことなかったので,良い機会なので行ってみました.

この場所は”ナポリンチョ”としての営業は終了して,正式にこの”東京台湾”になるそうです.
お店に入るとカウンターが,そして奥にはテーブルとお座敷風の席があります.
今回は2人がけのテーブル席に通されましたが,すでに店内はほぼ満席!
週初めにもかかわらず,なかなか人気ですね−.
黒板
いつもの”ナポリンチョ”ならオススメメニューの書いてある黒板も”東京台湾”仕様になっておりました.

やはりキャンドルイヴェント開催中ということで,いつもよりは店内は暗め.
なので,写真は調整したんですが粗めになるのをご了承ください.
キャンドル
しっかり店内ではそのキャンドルも販売しておりました.

ひとまずメニューを考えましょう.
メニュー1 メニュー2 メニュー3
ドリンクメニューもちゃんと東京台湾仕様です.
メニュー4
となると,やはり麦酒は台湾麦酒で決まりかな?
どうやら食事は水餃子や魯肉飯が定番のようなので,その辺を軸に他の料理をいただくことにしましょうか.

普段は月曜日は休肝日ですが,この日は特別に麦酒を.
麦酒
この日はちょっとお店が混雑していたのでオペレーションがバタバタしておりまして.
とりあえず麦酒でノドを潤していると,15分ほどしてから水餃子の登場です.
水餃子 水餃子タレ
水餃子は別添えの甘辛ダレが付いてます.
コレを1口ガブリといってみると,小籠包のように汁が飛び出しました.
水餃子断面
ちょっと甘めのタレも合いますね−.

さらに要予約とメニューには書いてあった唐揚もいただきましょう.
って,聞いてみると予約しなくてもオーダー可能だったようですが.
から揚げ
こちらはモモ,ムネ肉のハーフ&ハーフ.
白い方は台湾塩,黒い方は東京甘辛醤の味付けだそう.
から揚げ白 から揚げ黒
この台湾塩の白が香辛料が効いてなかなか.
黒い甘辛醤もしっかりした味付けなので,すでに麦酒が止まりません(笑

そしてお次は”麻婆豆腐”の白をいただきまーす.
麻婆豆腐
お店の方に聞くと赤の方がより香辛料が効いて辛いそうでして.
でも,白でも充分に効いてますよ−.

さすがに週初めの月曜日なので深酒厳禁ということで,そろそろ〆にしましょうか.
まずは白湯担々麺をハーフでいただきまーす.
担々麺
担々麺といえどスープはけっこう甘みが強い.
麺はピロピロの平麺,具には溶き卵も入ってます.
麺 具
溶き卵と言えば川崎辺りの”ニュータンタン”系列を思い出しますが,あそこまで唐辛子が効いてないんで,辛いモノが苦手な人でもいただけそうです.
と言うよりもむしろ甘めなので,いわゆる辛い担々麺を期待すると肩透かしを喰らうかもしれませんが.

さらに魯肉飯もお茶碗サイズでいただいちゃいましょう.
魯肉飯 魯肉飯の具
こちらは八角などの風味が効いた角煮とタマゴ,ザーサイのご飯.
このお肉自体がホロホロで美味し!
ちなみにランチではこの魯肉飯のお弁当があるようですが,こりゃ人気だろうなー.
ってことで,けっこういただきお腹もいっぱいになりました.

こちら,現在は月曜日のみの営業ですが,噂ではいずれは独立した店舗での開業を目指しているみたい.
どうしても週初めの月曜日は基本的には休肝日にしているので,頻繁に来るにはちょっと厳しいけど,全体的にお料理のクオリティも悪くないのでぜひ頑張っていただきたく.
そー言えば”ナポリンチョ”もボチボチ来てるんですが,,,
いずれそちらの日記も書かないとですねぇ.
ま,近所でもあるので再訪したときにでも考えましょ☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/826-71de7cd6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫