新潟 三宝亭 東京ラボ (再訪) 〜研究麺編〜

 2016-12-20
プロ・ビーラーです.

12月もすでに中旬を過ぎました.
中目黒はやはり高架下や目黒川沿いのイルミネーションが話題ですが,目黒銀座商店街の”新潟 三宝亭 東京ラボ”も開店して1年が経ちました.
そこで16年12月中は開店1周年記念で麦酒,ハイボール,貝柱入り焼売が半額のセールをやってます.
セール案内 ハイボール
さらにこちらでは,

新潟三宝亭東京ラボが真剣に美味しさに取り組んだ研究成果を限定でご提供


という研究麺を提供しておりまして.
その内容はH.P.にも出てますが,こちらでは以前のモノも交えて,研究麺(期間限定麺)をご紹介していきます.
なので今後も新たな研究麺は追記していく予定なので,よろしくお願いいたしまーす☆


16年2・3月限定研究メニュー第1弾,”煮干し香る中華そば A4和牛の焼きしゃぶ添え”は,
煮干しの旨さを存分に味わえる中華そばに、A4ランクの和牛サーロインを炭火でサッと炙ってトッピング。
というモノで,昼夜限定20食ずつの提供です.
中華そば 麺など 味玉
煮干し具合が突出することなく,なかなかバランスの良いサッパリしたスープ.
しかもトリュフ風味の味玉が秀逸です.
正直言って牛しゃぶはそれほど特徴ないけれど,ライスをオーダーするとそちらに載せてもらうことも可能だそう.
むしろスープの風味が変わるからそちらの方が良いかな?



16年4・5月限定研究メニュー.
また昼夜限定20食ずつの提供の”ふぉあぐらー麺”は,
じっくり炊いた鶏白湯に厳選したフォアグラを溶きあわせ、濃密ながら上品なスープの「ふぉあぐらー麺」。炭火で炙った鴨や特別仕立てのトッピングも見逃せません!
とのこと.
ふぉあぐらー麺 麺など スープ
コレは比較的賛否分かれそうな感じ.
スープの雰囲気としては臭みの少ない,そして舌触りのざらつきがない天下一品といった印象です.
でも具材は炭火焼きの鴨と茄子の煮浸し,そして水菜などの野菜なので麺と一緒に啜るとまた別モノですが.



16年6・7月研究メニューはついに冷やしの登場です.
こちらは”冷やし担々麺”,麺は比較的細麺です.
冷やし担々麺 冷やしの麺
自家製芝麻醤にXO醤の奥深い味わい。冷たさの中にも旨さが広がり、辛さが食欲を刺激する!この時期だけの冷たい限定麺が登場。
とのことですが,甘みも強くけっこうマイルド.
卓上のラー油などで調整も可能ですが.
具材は肉味噌,茄子,ねぎ,ミョウガ,コーン,トマト,おくらなどですが,コーンはちょっと食べにくいかな?

さらに夏の研究メニュー第2弾として”冷やし中華”も登場です!
冷やし中華
こちらは,
爽やかな酸味と深い旨味の冷たいスープに、たっぷりの具材、そして仕上げに黄身のそぼろをたっぷりかけた特別な冷やし中華
というモノ.見た目の黄身そぼろのインパクトが大.
それほどベタッとした甘さもなく,酸味も程よいので好きな人には良いかな?
,,,って,私は冷やし中華苦手なのでヨメがいただいたのですが(笑



16年10月20日登場の研究麺は”海老つけ麺”.
海老つけ麺 海老つけ麺スープ 海老つけ麺の麺
こちらは,
甘海老の旨味を凝縮した濃厚な海老スープに、トマトのエスプーマを添えて。
とのこと.
1口いただくと口いっぱいに拡がる海老!海老!海老!
濃度の高いスープは海老とトマトがうまくまとまってます.
さらにいただいた後にはスープ割りも出来ますよ.



16年12月〜2月の研究麺は”渡り蟹の砂鍋麺(サーコーメン)とのこと.
こちらは渡り蟹スープの味噌ラーメン.直接火にかけられる器なのでアツアツです.
砂鍋麺 砂鍋麺2
味噌ラーメンとは言え豆乳仕立てのせいかスープは比較的マイルド.
でも,ちゃんと蟹の風味が効いてます.

麺は中太のストレート麺.タマネギやニラなども入ってます.
砂鍋麺の麺
前回の”海老つけ麺”のドロッと濃厚なスープとは別のアプローチ,なかなか美味しくいただけました.

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/829-e5998a65
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫