ファンタジスタ223 (FANTASISTA 223)

 2017-01-08
プロ・ビーラーです.

すでに年内の仕事も終わった冬休みのお昼.
近場でランチでもと出かけてみたんですが,狙いを定めていた”キッチンパンチ”は外まで行列という繁盛っぷり.
他のお店もなぜか気分が乗らなかったりで,ヨメと中目黒の路地裏をフラフラしておりました.
そんな中,こちらのお店がちょうどやっていたし空いていたのを発見.

ファンタジスタ223

ファンタジスタ223 (FANTASISTA 223)”ですー.

こちら,以前は”イル ピッツァイオーロ”というピッツェリアがあったところ.
三軒茶屋の本店はまだ健在のようですが,こちらはいつの間にか閉店.
そしてこのお店に変わったようです.
変わってからしばらくしてからこのお店に気付いたんですが,料理だけでなく他にも気になったことがありまして.
そんなことも確認すべく,今回がお初の訪問です.
店内は先客4人がランチ中,奥のテーブルに陣取ります.
ランチはパスタかピッツァのセットのみ.
サラダかミネストローネが付いてくるそう.
ランチメニュー
今回はパスタとピッツァ,両方シェアしていただいてみましょうか.

ちなみに夜のメニューは”中勢以”の熟成肉のグリルなんてのもあるようで!
店外メニュー
それは別の日に試してみたいところですな.

店内は広めのオープンキッチンが.
店内
もちろん入り口側には薪釜もあります.

すでに仕事納めもしたことだし,珍しく(?)私はスプマンテなどをいただいちゃいましょう.
泡
ん?麦酒じゃない?
それは年末にとある事件(ヒント:足の激痛)が起きまして,それ以来麦酒は自粛中だったりするからなのです.

前菜は2人ともミネストローネをチョイスしました.
スープ
想像していたよりも色が濃いめですが,トマトベースで野菜がたっぷり溶け込んでいる印象.

そしてまずはパスタ,今回は”トリュフのパスタ”にしました.
パスタ
ポーションが小さく感じるかもしれないけど,パスタは最初からシェアしてもらってます.
1口いただくと,クリーミーなトリュフソースは想像通り.
パスタの茹で具合は充分及第点ですが,それほど特徴はないかな?

そしてピッツァも焼き上がりました.
ピザ
こちらは”ベルドゥーラ”という野菜のトマトソースピッツァ.
ズッキーニやブロッコリー,紫タマネギなど,ホントに野菜だらけのモノです.
具材のチョイスは悪くないけど,こちらも生地自体の旨味と香ばしさはちょっと弱めかな?
もしかしたらまだ窯が温まりきってなかったのかもしれないけど,もう1工夫ほしいところ.
とは言えお腹も空いていたのでしっかり完食しちゃいましたが,これでお値段は1000円.
ドルチェなどが付くランチだと1500円くらいになりそうですが,お値段的には充分及第点かと.

こちら,日記の前半で気になるところがあると書いたのですが,お店のメニュー表記(フォント)や中のテーブルの模様など,池尻の”PIZZERIA Parentesi(ピッツェリア パーレンテッシ)”にそっくりなんですよねー.
特に関連などは調べても何もなかったけど,メニュー構成なども似てるのは気になります.
ま,気楽なピッツァランチにも悪くないし,いずれは熟成肉もいただいてみたいし.
また気が向いたら来てみましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/832-f62de979
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫