PIZZERIA Parentesi(ピッツェリア パーレンテッシ) (再訪)

 2017-02-17
プロ・ビーラーです.

1月も駆け足で終わり,すでに2月に突入した日.
また個人的に衝撃的なニュースが飛び込んで来ました.
開店当初からお世話になっていたお店のオーナーシェフ・中野さんが,この2月いっぱいで退くんだそう.
オープンして約18年になるこのお店,池尻に住んでいたときはホントにお世話になっていたんですが,最近はちょっと足が遠のいておりまして.
やはり最近行っていなかったというこちらのBARのマスター夫婦と共にさっそく行っちゃいました.

パーレンテッシ再訪

PIZZERIA Parentesi(ピッツェリア パーレンテッシ)”ですー.

こちらはオーガニック素材にこだわるイタリアン.
ご実家が農家だというシェフのこだわりが詰まった料理がいただけるということで有名ですが,2016年にはあのミシュランガイドのビブグルマンも獲得しているお店です.

予約の時間ちょうどに行ってみるとまだお店は我々のみ.
でも,その後はすぐにほぼ満席になりました.

ひとまずドリンクを!ということで選んだのは中野さんオススメのこちらの泡.
泡メニュー 泡
こちらに来たことがある方はお分かりでしょうが,こちらもオーガニック.
数年前からすっかりコレが気に入った中野さんいわく,スパークリングはコレと決めているそうです.

そしてこの日のオススメメニューは↓こちらー!
メニュー
相変わらず説明にも熱が入っているのですが,1st.インプレッションでいろいろと決めちゃいました.

まずは前菜.
こちらのお店の冬の定番的なメニュー,”プンタレッラサラダ”です.
プンタレッラ
プンタレッラとはチコリの1種.ローマの代表的な冬野菜だそう.
ちょっと苦みもありますが,シャキっとした食感が楽しいサラダです.
しかもアンチョビが効いたドレッシングも美味.

さらにコレもある意味こちらでの我々の定番,”カチョカバロチーズ焼き”です.
チーズ
コレは普通ならワインが進む1品ですな.

そしてこの日のメインのお肉が登場です.
肉
メインは屋久島の鹿のハンバーグと天然の猪肉のローストです.
この猪,実は先日の”クレイジージャーニー”でも出ていた,”ラストハンター・片桐さん”の罠仕掛けで捕獲したモノ.
臭みどころか肉の風味が良いし味も濃い.
この風味と旨味は天然モノ,しかも罠仕掛けでないと味わえないそうです.
実は中野さん,以前から片桐さんと親交があり,浜松のお店にも行ったことがあるそう.
その時も興奮気味に”あの店の猪とうなぎはすごいぞ−!!!”と熱く語ってくれました(笑
ぜひ片桐さんのお店にも行ってみたいところですが,今日は中野さんの料理を堪能しましょうか.

そしてお待ちかねのピッツァも焼き上がりました.
ピザ
今回はイカとネギのビアンカとサルシッチャのトマトソースのハーフ&ハーフです.
こちらでは電気釜での焼き上げですが,何しろ生地の風味が素晴らしい.
素材との相性も抜群です.

まだお腹も余裕があるので”屋久島の鹿のレバーペースト”もいただきまーす.
レバペ
ちなみにこの屋久島の鹿,以前は害獣扱いされていたそうですが,今では食資源として利用出来るようになったとのこと.
しかもこの屋久島の鹿も旨味がなかなか.
やはり中野さんはこの鹿の旨味に惚れ込んで使ってるそうです.

そしてパスタも食べたーい!との声もあり,もう1皿オーダーしちゃいました.
カルボナーラ
パスタは黒胡椒たっぷりの”スペシャルカルボナーラ”を.
カルボナーラ2
コレは仕上げにテーブルでさらにチーズをかけてくれます.
お値段2890円とかなり高めに思えるけど,何しろ他では味わえない逸品.
コレ,先日某TVのお店の味を再現する企画に取り上げられたそうですが,結局再現できずにお蔵入りしたなんてエピソードも飛び出ちゃったりして(笑

そろそろ〆にしておきましょうか.
やはり女性陣からはドルチェのオーダーの所望する声が聞こえてきたので,今回は”ズッパイングレーゼ”と”ティラミス”をいただきましょう.
ドルチェ ドルチェ2
そしてご自慢の珈琲ももちろんいただきまーす.
珈琲
ちなみにこちらのドルチェの甘味料もバリ島産のオーガニックのモノ.
甘味料
最後までオーガニック素材!やはりあくまでオーガニックを追求しているだけのことはありますな(笑
さすがにもうお腹いっぱい.
この頃には他のテーブルも満席で中野さんも忙しそう.
なのでご挨拶してもう1件飲みにでも行きましょうか.

実は中野さんですが,こちらのお店を退いた後は九州・福岡へ.
そこで障害者と共に農園などをやりつつ,オーナーではないもののイタリアンのお店に勤めるそうです.
そのかわり,”パーレンテッシはそのまま東京に置いて行くからねっ!”とのこと.
となると2番手の方がオーナーになり中野イズムを継承してくれることでしょう.
もちろん中野さんも九州で活躍してほしいし,そちらにもいずれは行ってみたいところ.
でも池尻大橋のこのお店,これからにも期待して足を運ぶようにしましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/846-bdc35b33
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫