ヒュッテ・エミール 〜お部屋編〜

 2017-04-09
プロ・ビーラーです.

3月の連休は良い天気になりました.
前日もしっかり飲んじゃったんですが,早起きして大至急荷物を詰め込み新宿駅へ向かいます.
そして新宿駅では1月の”扉温泉 明神館”の時と同じく,駅ナカの”NEWoMan(ニュウマン)”でまたドリンクとツマミを仕入れて,と.
ハイボール 焼売
今回も麦酒は封印中につきプリン体ゼロのハイボール,そして”PAO2 STATION”の焼売で迎え酒しつつ,スーパーあずさでマッタリと約2時間弱ほどでこちらの駅に到着しました.
小淵沢駅
実はお初の訪問の小淵沢ですが,ココからはレンタカーに乗り換えます.
もちろん私はすでに飲んじゃったのでヨメの運転ですが(笑
そしてチェックインの時間に合わせるために”道の駅 こぶちさわ”に寄り道してから向かったのはこちらの宿でした.

ヒュッテ・エミール

八ヶ岳の麓にたたずむオーベルジュ,”ヒュッテ・エミール”ですー.

こちら,以前から来てみたかったんですが,1日3組限定というお宿なので予約が取りにくかったんですよ.
なので駐車場も3台分です.
その駐車場の奥には↓こんなポストが.
ポスト
外の雰囲気だけでも期待感満載ですが,ロビーもウッディで良い感じ.
ロビー
どうやらチェックインはお部屋でとのことなので,さっそく2階のお部屋に向かいましょう.
今回宿泊するお部屋は”デラックスツインルーム A”,こちらでは一番広いお部屋とのことです.
室内全景
ベッドルームとソファが同じスペースに置けるくらいの広さ,こりゃ贅沢な造りです.

まずはこちらでお茶をいただきながらのチェックインです.
お茶
お茶をいただいた後は恒例のお部屋散策と行きましょう.
まずはベッド.
ベッド ベッド側
ダブルサイズが2つ横並びに設置してあります.
ベッド脇にチェストにはパジャマが置いてありますが,,,
パジャマ パジャマロゴ
パジャマは”ETRO”のモノでした.
室内履き
さらにそのチェスト脇には室内履きもあったので,さっそく履き替えましょうか.

そしてソファの方へ目を向けてみましょう.
テーブルセット ソファ側
テーブルセットもなかなか重厚感のあるモノですが,壁際に設置してある調度品もなかなか雰囲気がありますねー.
調度品
ちなみにこの家具は横浜の”ダニエル”のモノだそうです.

その壁側の家具の扉を開けると,中にはテレビが仕込まれておりました.
テレビ
その上にはリヤドロ(Lladró)の陶磁器やライトが.
調度品詳細1 調度品詳細2
この辺の調度品の置き方もなかなかセンス良いですね−.

しかもココから見える景色ものどかで良い感じ♪
眺め1 眺め2
お部屋は大きめの窓が備えられる2面採光になってるので,お部屋自体が明るくなります.
しかもL字型のバルコニーに出ると裏手には↓こんな景色が.
眺め3
まだ春先ということもあり,山は雪を被っておりました.

さてお部屋に戻り,お次はクローゼットを見てみましょう.
クローゼット
クローゼットは1泊分詰め込むにはちょうど良いサイズ.
クローゼット内 室内着
中には部屋着のガウンが入ってました.
このガウンもなかなか肌触りが良いモノですが,夕食時などの着用は不可とのことです.

さらにクローゼット横にはファンヒーターも完備.
ヒーター
さすがに冬場は冷え込むのでコレは必需品ですね.

お部屋の隅にはポットの置かれた棚が.
ポット 冷蔵庫
棚にはポットとお茶のセットが,冷蔵庫内にはお水が4本入ってます.
最近の宿ではネスプレッソ完備や冷蔵庫内フリーという所も多いので寂しく感じるけど,今回は飲んだくれるのではなく,自然と後述の美味しいお料理を堪能しちゃいましょうか.

ちなみにトイレとお風呂はお部屋の奥にあります.
トイレ お風呂
こちらは特に温泉という訳ではないので,それほどバスルームに特徴はなし.
むしろこちらも窓があるので日中に入りたいお風呂です.

今回はこちらに1泊.
こちらはオーベルジュということもあり,やはりお食事がお楽しみ♪
そのお食事編は後日upすることにしましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/855-3c853054
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫