(期間限定出店) 美味コレクション 2017年春@新宿タカシマヤ 〜匠 達広,さ行(さこう),泰然(たいぜん)〜

 2017-05-01
プロ・ビーラーです.

この日も前日飲みすぎた日曜日.
でもこの週末もまた魅力的なイヴェントがあったんですよねー.
それは毎回楽しみにしている新宿タカシマヤの”美味コレクション”でして.
今回は4月19日(水)〜24日(月)まで開催ということで,駆け込みで行ってみることにしました.

会場に到着すると中途半端な時間のせいかそれほど混雑していない様子.
でも限定品などは売り切れているようです.
そんな中,まず向かったのは目を付けていたこちらのお店でした.

美味コレクション 2017年春

匠 達広”ですー.

こちらは一昨年昨年春の美味コレクションでも出店しておりました.
その時も10貫の握りセットをいただいたんですが,やはりそこはすし匠系,安定の美味さだったのを憶えてます.
達広メニュー
今回のメニューは↑のように以前出ていた限定のばらちらしはなく,握り10貫セットのみのメニューなので,それを狙ってカウンターに滑り込みました.
ちょうどカウンター奥が空いたようなので,そちらに座ると目の前にはお見かけしたことのあるお顔が.
どうやらヘルプで四谷の”すし匠”のスタッフがカウンター内におりまして.
聞くところによると,この”匠 達広”の常連さんはけっこう来ていたようですが,四谷のお客さんはあまり来ていなかったみたい.

ひとまず握りをオーダーしますが,私は↓の日本酒付きのセットにしちゃいましょう.
達広ドリンクメニュー
どうやらセットにするとメニューの上5種類が少量付いてくるそうで.

と言うことでまず1杯目のお酒,”仙禽(せんきん)”が供されました.
テーブルセット
そしてお待ちかねの1貫目.まずは鰆です.
寿司1
コレは昆布締めなのでねっとりとした食感と風味が良ろし.

お次は真鯛.
寿司2
さらに漬け,中トロと続きます.
寿司3 寿司4
中トロは背トロだそうです.

この背トロまでの流れがなかなかステキで,5杯来るというジャパンの勢いも増すばかり.
お酒2
気付けば↑こんなグラスで提供されちゃったりしますし.

さて握りに戻りましょう.
お次は車海老.
寿司5
そしていくら,雲丹の軍艦が押し寄せてきます.
寿司6 寿司7
さらに私の好物,コハダはヒカリモノが苦手なヨメの分までゲット.
寿司8
けっこうしっかりとした〆具合でした.

そして穴子.
寿司9
その時にはすでに5杯のジャパンも飲み尽くしたので,残るメニューの中の1種・”奥能登の白菊”もいただいちゃいましょう.
お酒3
コレで握りも終わりかと思ったんですが,,,
実は1種類来ていないネタがあることに気付きまして.
寿司10
それがこちらのときしらず(時鮭)だったりして.
目の前で仕込んでいたのを見ていたんですが,,,気付いて良かったネタでした.

さらに追加で鉄火巻きまでいただいて,と.
鉄火巻き
何やら盛りが素晴らしい巻きですね.
うん,すっかりジャパンも効いて良い気分♪



お寿司をいただいた後は会場内をまたフラフラ.
まだお腹に余裕があるようなので,もう1軒行っちゃいましょう!
ちょうど会場の一番奥には”さ行(さこう)”と”泰然(たいぜん)”のイートインがありまして.
どうやら”牛肉重”と”親子丼”がいただけるようです.
肉丼メニュー
ならばヨメと1種類ずつシェア喰いといきましょう.

その牛肉重は説明のよると,,,

六本木の隠れ家的割烹が腕を振るいます。
国産肉のローストビーフ・さくら味噌煮・しぐれ煮を「1.そのまま」「2.薬味で」「3.一番だしをかけて」お楽しみください。


というモノ.
その牛肉重は↓こんな感じで提供されました.
肉丼1
お重を開けると3種類のお肉がそれぞれ分かれて乗ってます.
肉丼2
ひとまずこちらを”そのまま”いただいてみましょうか.
肉丼詳細
味付けは全体的に濃い目.特にしぐれ煮は甘しょっぱさが際立つので,コレはお出汁をかけるとちょうど良くなるかな?
肉丼詳細2
ということでお出汁をかけてサラサラといただいちゃいました.

さらに親子丼は,,,

店舗ではランチ限定20食の人気メニュー。
甘めのダシを吸った肉厚でやわらかな秋田比内地鶏にとろとろの玉子が絡み合う黄金色はまさに口福。
熱々をぜひ会場で。


とのこと.ではさっそくいただきましょう.
親子丼
こちらの親子丼の鶏,なかなかしっかりした歯応えでトロッとした玉子との対比がなかなか.
親子丼詳細
割り下は甘めのモノが多いですが,こちらのモノは比較的甘さは控えめ.
個人的にはしっかりとした鶏の食感とこのかえしの具合が好みでした.

こちらの親子丼には鶏スープも付いてきます.
親子丼スープ
やはり鶏の風味がしっかりしてるけど,苦手な人はけっこう臭みとして認識しちゃうかもしれないくらいです.
ま,こちらもしっかりと完食〜!

このイヴェント,毎度お楽しみにしてますが,やはりお店のチョイスや出てくるモノのヴァリエーションがツボに入ります.
”匠 達広”は3回目でしたが,季節によってネタも変わる楽しみもありますし.
他のお店も何が入るのかというお楽しみもあるので,次回の秋も期待して待ってましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/866-697eb391
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫