松庵 松島佐勘 〜松島観光編〜

 2017-05-26
ヨメです。

”松庵”にチェックインした後、当初から予定していた通りにまたタクシーで松島のフェリー乗り場へ向かいます。
今回は初めての松島観光なので旅行前から松島湾を巡るクルーズ船に乗ってみたかったんです。
調べてみると、ちょうど”松島遊覧船 仁王丸”という船がチェックイン後の16時からでも間に合うそう!
ということでこちらを予約しておいたのです。
お宿からタクシーで約10分ほどで乗船所から一番近いチケット売り場に到着しました。

松島観光

こちらではすでにネットでチケットを予約していたので手続きはスムーズです。
チケットをいただき、あとは時間になったら乗船するという流れになります。

↓はちょっと小さくて見にくいですが、この周辺の観光案内です。
松島案内
周辺にも”瑞巌寺”や”出会いの橋”を渡って行く自然の宝庫、”福浦島”など見所もありますが、ひとまず時間の関係で今回はこのクルーズ船の観光のみになります。
レストハウスでチケットを買い、出航の時間までは辺りを散策してみましょう。
このレストハウス前は海が眺められる広場になってます。
広場
ちょうど奥には”五大堂”や”福浦島”に通ずる赤い橋も見えます。
そして時間になったので乗り場に行ってみましょう。
船案内
船が帰ってくるとすぐに係の方が窓の清掃を始めます。
船
さて、いよいよ私たちも船に乗り込みましょう!
こちらの”仁王丸”は600円の追加料金を払うと2階のグリーン席があります。
なかなか広いしのんびり出来るので私たちもグリーン席に行くことにしました。
船内1 船内2
グリーン席はあまり選ぶ方が少なく、私たちを含めて約4組ほど。
しかも専用の売店もありますよ。
売店
さて、約50分の船旅の始まりです!
デッキの眺め
↓こちらは出港直後の松島の町の眺め。
眺め1 眺め2
船内では解説のアナウンスが流れるので、似たような景色でもちゃんと島の説明をしてくれますよ。

その後は波が押し寄せると鐘が鳴ったような音がするという”鐘島”や、伊達政宗が月見の宴を開いたと言われる”在城島”などを眺めつつ・・・
眺め3
いよいよ”仁王丸”の名前にもなっている”仁王島”が見えてきました。
眺め4 眺め5
この先からは外海を廻り、あとは戻るルートになります。
所々に海鳥も姿を現しますが、どうやらえびせんなどをあげるのは禁止になっているようです。
眺め6
というのも、デジカメや携帯を奪われるということが頻発しているそう。

途中、牡蠣の養殖なども眺め・・・
眺め7
約50分のクルーズは終了です。

その後は他にも観光してみたかったですが、お宿からの夕陽を眺めたいなどの主人の希望もありタクシーで宿へ。
そしてお楽しみのお食事も待ってますしね♪
今回は”松島観光編”をお送りしましたが、次回は”施設編”、”お食事編”と続く予定です。
もう少しこの松島編にお付き合いください☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/874-28869b3f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫