時音の宿 湯主一條 〜お部屋編〜

 2017-06-05
プロ・ビーラーです.

松島を出てからはまた在来線で仙台へ.
その後はまた新幹線で移動するんですが,その前に1度駅の外へ出てヨメがぜひ行きたかったお店に向かいましょう.
それは仙台駅3階,ずんだ小径内にある”ずんだ茶寮”です.
ずんだ茶寮 茶寮メニュー
お目当てはもちろん”ずんだシェイク”,某TV番組でも有名になったモノです.
シェイク
コレをいただきながら新幹線で1駅約15分,到着したのは初めて降り立つ白石蔵王駅です.
白石蔵王駅
こちらからはレンタカーに乗り換えて,少し蔵王方面のドライブを楽しんじゃいましょう.

蔵王までは比較的スムースに移動できたけど,,,
本来ランチでいただこうと予定していたピザ屋さんはG.W.ということもあり大行列!
仕方なくピザはあきらめて今度は蔵王の山道を進みます.
さすがに蔵王の山はまだ雪を被っておりました.
蔵王 蔵王案内
ホントなら御釜(おかま)まで登る予定でしたが,,,
やはりG.W.の大渋滞でこちらも断念.

いろいろと予定を変更しつつ,レンタカーはまた白石蔵王方面に戻って鎌先温泉へ.
そして今回宿泊するお宿の駐車場に到着しました.
さらにお宿のクルマに乗り換え,数分でこんな趣のある温泉街に到着します.
温泉街
そして↓のような看板が見えてきました.

湯主一條

この日宿泊するお宿,”時音の宿 湯主一條”ですー.

こちらのお宿は温泉街の一番奥に位置してます.
両脇に建物がありますが,左手は登録有形文化財に指定されている本館.
宿泊するのは↓の看板の付いている別館です.
テラス 湯主一條看板
まずは館内に入り,奥のラウンジでチェックイン.
お茶
やはりお茶とずんだ餅が出てくるんですね(笑
ひとまずチェックイン手続きも終了したのでお部屋に行ってみましょう.
今回宿泊するのは”セミスイート洋室”,ツインのお部屋です.
お部屋に入りまず目に入るのは↓の光景.
室内
ベッドはどんっ!と大きめのモノ.
ベッド ベッド2
どうやらシモンズのモノだそう.

そして窓側にはソファとテーブルのセットが並んでます.
ソファ2
このソファはL字のモノと1人がけのモノがあります.
ソファ1
こちらの窓からの眺めは↓こんな感じ−.
眺め
奥に見える蔵はやはり登録有形文化財にしていされているそうです.

壁際には↓のようなテレビが置いてあります.
テレビ
こちら,知る人ぞ知る”EIZO”のヒット作・”FORIS.TV”だったりします.
すでに製造中止ですが,コレが出た時カッコイイなーと思って気になってたんですよね(笑

さらに脇には空気清浄機もあります.
空気清浄機
ちなみにこちらのお部屋は禁煙なので,喫煙は施設内の喫煙所を利用しましょう.
喫煙所
↑のように喫煙所は別館の廊下にありますよ.

さてお次はお部屋の反対側の棚へ.
こちらにはオーディオやポットが置いてあります.
オーディオ
この中でひときわ目を引くのがこのスピーカー.
スピーカー
こちらはやはり知る人ぞ知る”エムズシステム”の波動スピーカーなんですよ.
コレ,実は私も同じモノを愛用してたりしますが,こちらのお宿では販売もしているようです.
この戸棚の中にはLANケーブルなどと一緒にスピーカーの説明も置いてありました.
ケーブルなど
古事記ってのもシブいですが(笑

そして別の棚にはカップやケトルが入ってます.
カップなど ケトルなど
そして恒例の冷蔵庫チェック.
冷蔵庫
ん?何やら殺風景ですねぇ.
入っているのはお水の入ったポットと↓のお菓子でした.
お菓子
お酒などは↓にルームサーヴィスのメニューがあるので,そちらでオーダーするようです.
ドリンクメニュー1 ドリンクメニュー2 ドリンクメニュー3 ドリンクメニュー4
連泊用なのか,ランチメニューなんてのも載ってますが.
余談ですが前述の喫煙所の隣にはお酒も売っている自販機コーナーもあります.
自販機
やはりホテル価格ですが.

さらに窓際には↓のように椅子の置かれたスペースもあります.
椅子
そしてお次はクローゼットを覗いてみましょう.
クローゼット
クローゼットにはお風呂用のバッグや金庫,浴衣があります.
お風呂バッグ 浴衣
ちなみに女性用の浴衣はコレを使っても良いけど,別料金で違うデザインの浴衣もあるそうです.
浴衣
他の女性客はけっこう着ておりましたが,ウチらはこちらを使いました.

さて,お次はベッド奥のドレス&バスルーム方面に行ってみましょう.
こちらにはまず2ボウルタイプのドレスルームがあります.
ドレスルーム
置いてあるアメニティは↓こんな感じ−.
歯ブラシなど アメニティ2 アメニティ3
さらにその後ろにはタオルウォーマーも完備.
タオルウォーマー
そして横の扉を開けるとトイレが.
トイレ
そしてバスルーム.
バスルームはベッドの裏手にありますが,ベッドから丸見えです.
でも障子を閉めると目隠しになりますよ.
お風呂
なかなか変わった形のバスタブですね.
置いてあるアメニティは↓こんな感じですが,独立してシャワーもありますよ.
アメニティ シャワー
ただし,今回は温泉もあるのでこちらのお風呂は使用しませんでした.

ひとまずこんなお部屋に今回はまた1泊.
なかなか趣のある宿,いろいろと見所があるみたいなので,次回は”施設編”をお送りいたしましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/877-57d9bf3a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫