時音の宿 湯主一條 〜お食事編〜

 2017-06-10
プロ・ビーラーです.

とりあえずお宿の内外を散策した後はいよいよお食事の時間♩
予約の時間になるとお部屋にお宿の方が迎えに来てくれますよ.

一條本館

お食事は↑の本館,”個室料亭匠庵(しょうあん)”でいただきます.
個室料亭と言う通りすべて個室になります.
室内
余談ですが宿泊棟である別館は喫煙所以外は禁煙ですが,こちらは喫煙可能とのことです.
テーブルにはすでに前菜と食前酒が並んでおりました.
テーブルセット
”森の晩餐”と呼ばれるメニューは↓こんな感じー.
メニュー
今回我々は予約時に”フォアグラ大根が付いた料理アップグレード宿泊style”というプランをチョイスしていたので,メニューにフォアグラ大根が付いてますが,お好みで↓のようなお料理を追加することも可能です.
追加メニュー
ひとまず食前酒と泡で乾杯しちゃいましょう.
食前酒 泡
前菜はいかにも和!という面持ち.
前菜 前菜2
この海老麹漬けがねっとり美味し.

お次はお椀.
ハマグリの真丈風のモノです.
お椀
こごみがあしらわれているのも春を感じさせます.

お次はお造り.
サヨリに平目,雲丹,サーモンです.
お造り 醤油など
添えられたのはお醤油とドレッシング風のタレ.
こちらはカルパッチョ風にいただくためのタレとのことですが,,,
普通にお醤油でいただくのがよろしいかと.

お次は蓋物.新ジャガに茄子,菖蒲麩です.
蓋物
さらに旬の物として焼き竹の子が.
旬のモノ
コレはえぐみも少なく美味.

お次はスペシャルメニューのフォアグラ大根です.
フォアグラ大根 フォアグラ大根2
コレはお宿の説明によると,”コンソメでじっくり炊いた大根の上に表面をカリッと焼いた新鮮なフォアグラをのせ、ビネグレットソースをかける。”モノです.
しっかりと味の入った大根とフォアグラ,コレは間違いない逸品.
この辺でお酒も加速します(笑
お酒
お酒とはいえ焼酎の水割りですが.

お次は鍋物.
蔵王のフランス鴨鍋か海鮮ブイヤベーススープ鍋のチョイスになりますが,2人なので両方いただきましょう.
鍋 鍋1 鍋2
こちらに火が通るまでの間に焼き物も来ましたよ−.
焼き物は仙台黒毛和牛,尼鯛,和牛ヒレステーキからのチョイスですが,今回は和牛ヒレと鯛にしました.
ステーキ 鯛
でも,,,このステーキは思いっきりウェルダンな焼き上がり.
食感,風味ともちょっと損なわれてたのが残念.
鯛はけっこうなヴォリューム!
ふっくらと仕上がってたので,味,見た目ともこちらに軍配が上がりますね.

そしてお鍋も出来上がったようです.
鍋仕上がり1 鍋仕上がり2
どちらも比較的あっさりとした仕上がりですがけっこう塩っ気も強いので,すでに満腹になってきたぞ.

〆のご飯は”松庵”の時と同じく”あさりご飯”です.
ご飯セット お新香
さすがにコレだけいただくとすっかりお腹いっぱい.
でもヨメ的にはデザートは別腹です(笑
デザート
デザートはクレープシュゼット.
さすがにちょっと甘さが際立つので私は完食できず.
その後は温泉に入りラウンジでモルトをいただいて,深い眠りに落ちるのでした.



そして天気の良い朝.
朝食の時間になったのでお宿のスタッフが呼びに来てくれました.
場所は前日の夕食時と同じく本館の個室です.

その朝食のメニューは↓こちらー.
朝食メニュー
今回も私は和朝食,ヨメは洋食にしました.
やはり”松庵”同様に笹かまも付きますが,こちらでは白石名物の温麺も入ってますね.

まずはジュースで寝ぼけた身体を起こしましょう.
ジュース 牛乳
今回は私はアップルジュース,ヨメは牛乳にしました.

そして朝食が並びましたよ.
和朝食
小鉢に焼き魚,肉じゃがなど和の定番が並びます.
小鉢 焼き魚 肉じゃが サラダなど
そして笹かま,最初から焼き目が付いてますが,さらに炙っていただきます.
笹カマ 笹カマ焼き
コレは個人的には”松庵”でいただいたモノの方が風味も良かったかな?

洋食を選んだヨメの朝食,こちらはオムレツやスープが並びます.
オムレツ スープ
そして名物の温麺は洋食,和食ともに付いてきます.
温麺
あっさりとした出汁にネギと麺というシンプルなモノですが,ホッとする味わいです.

もちろん和食にはご飯,洋食にはパンも付いてます.
ご飯 パン ジャムなど
さすがに朝からお腹も満足.
フルーツとヨーグルト,珈琲をいただいて〆にしましょう.
デザート 珈琲
その後はチェックアウトの11時まで朝風呂に入ったり,森を散策したり.
今回もすっかりのんびりしちゃいました.

こちら,やはり歴史ある建物が見所ですが,外も散策するとリフレッシュにもなりますね.
お食事はコレっといった大ヒットはなかったけど,どれも及第点.
普段はあまり蔵王方面には足を運ばなかったけど,なかなかステキなお宿でした.

チェックアウト後はまたレンタカーで白石蔵王駅方面へ.
そして朝食でもいただいたあの名物を食しに行ってみましょうか☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/879-bb5c9c59
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫