角館山荘 侘桜 〜お食事編〜

 2017-06-20
プロ・ビーラーです.

侘桜”に到着後,一通り宿内を探検
しっかり露天風呂まで入り,いよいよお食事の時間になりました.
こちらでの食事はダイニング付きのお部屋ではお部屋食になるようですが,一般の和室,和洋室に宿泊すると↓の個室ダイニングでいただくことになります.

侘桜ダイニング

ちなみにこちらのお料理はあの”分とく山”の総料理長・野﨑洋光氏のプロデュースとのこと.
”分とく山”には行ったことはありませんが,秋田の食材を組み込んだお料理が楽しめるとのこと.
今回も予約時間は早めなのでまだ夕陽が明るい時間でした.
テーブルセットはシンプルなモノ.
テーブルセット
今夜のメニューは↓こんな感じ−.
メニュー
そしてドリンクは↓のように秋田の日本酒をメインに多数あるようです.
ドリンクメニュー1 ドリンクメニュー2
秋田の焼酎ってのもあるんですね.

さて,まずはメニュー通り座附からいただきましょう.
こちらは”うすい豆豆腐”.上には白海老ととんぶりが乗せられてます.
前菜1
そして前菜.どれも日本酒が進みそうなメニューが並びます.
前菜
こしあぶらなどが入ってるのも春を感じさせて嬉しいですね.
前菜3 前菜2
お造りは桜鯛の昆布締めや平目が.
お造り1 お造り2
この辺まで来るとやはりお酒が加速しちゃう訳でして(笑
お酒
テンポ良くお料理が進み,お次は焼物.
焼物は秋田牛の網焼きです.
肉
前日の”湯主一條”のヒレステーキがちょっと残念な焼き上がりでしたが,こちらはなかなか良い焼き色.
しかも付け合わせの野菜も美味いこと!
肉詳細
量的にもちょうど良いこちらのお皿は一気に完食−.

お次は強肴,この日はお鍋が出てきましたよ.
鍋
春爛漫山海鍋と名付けられたこの鍋,中には白魚や地蛤,タケノコなどがスタンバイ.
鍋中身
ふっくらと煮上がると,なかなかステキな出汁の香りが漂います.
鍋仕上がり ハマグリ
味付けもそれほど濃くないので,後ほどの喉の渇きなども心配無用ですね.

そして〆のご飯は桜海老としらすのせいろご飯です.
ご飯セット
彩りも鮮やかなこのご飯がまた大ヒット!
ご飯
海老の風味はもちろん,炊き具合も絶妙.
脇を固めるお味噌汁とお新香も進みます.
味噌汁 お新香
そしてホントの〆のデザートは桜のアイスクリームです.
デザート
うん,量的にも味付けも大満足!
ただ,大食いの方にはちょっと少なく感じちゃうかもしれませんね.

その後はラウンジのBARでさらに日本酒をいただき,また深い眠りに落ちるのでした.



そしてまた天気の良い朝.
予約の時間が来たのでダイニングに向かいましょう.

まず提供されるのは↓のジュース.
ジュース
こちら,飲むヨーグルトと桃を豆乳で割っているモノだそう.

そして朝食のセットが並びました.
朝食全景
おかずは野菜が豊富で嬉しいですね.
おかず
もちろん焼き魚も付いてます.
魚
さらにお粥も付いてくるんですよー.
汁物
サラダと煮物は別皿での提供です.
サラダ 煮物
先ほどお粥も出てきましたが,ちゃんとお櫃でご飯まで提供されます.
お櫃 ご飯
こちらは契約農家のあきたこまちとのこと.
お味噌汁はシンプルに油揚げが.
味噌汁
さすがにご飯はお代わり出来なかったけど,ヨメ的にはデザートは別腹です(笑
デザート デザート詳細
デザートは”あさづけ”というお米を練った秋田の郷土料理だそう.
フルーツも入ってサッパリといただけました.
うん,朝食も満足デス♪

その後はまたお部屋のお風呂に入ってマッタリ.
でもチェックアウトの11時ももうすぐです(泣
とりあえず荷物の整理をして,また角館駅への送迎車に乗り込みましょう.
とは言え,帰りの新幹線は夕方の便を予約していたので,少し角館観光に行ってみることにしていたんですよー.
次回はその観光編をお送りしましょう☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/882-33533332
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫