FC2ブログ

寿司栄

 2017-12-10
プロ・ビーラーです.

この日は仕事終わりの土曜日.
珍しくクルマで千葉方面へ向かいます.
と言うのも,千葉方面の超絶予約の取りにくい名店のお誘いがあったんですよ!
しかもかなり飲めちゃうということもあり,ぜひクルマで行こうということになりまして.
この日はちょうどヨメ号が使えたので,久しぶりにヨメの運転です.

途中渋滞もあり,さらにお店までの道中で少し迷いまして(汗
やっと↓のような看板が見えてきました.
看板
結局,到着したのはほぼ予約の時間.
みなさん,お待たせしちゃって申し訳ないです.

寿司栄

千葉屈指の寿司の名店と言われる,”寿司栄”ですー.

こちら,以前から行っていたという”東京ホルモンズ”の面々いわく,”間違いなく関東ナンバーワンのド変態”のお寿司屋さんとのこと.
しかもお酒までスゴいのが出てくるそう.
さっそく楽しみましょう!
店内は長いカウンターと奥にもお座敷があるみたい.
我々はちょうど大将の目の前のカウンターに通されました.
テーブルセット
ひとまず私は芋焼酎を水割りでいただきましょうか.
焼酎
そして挨拶代わりに出て来た1皿目がこちら!
白子
いきなり鱈の白子にからすみとトリュフがかけられているというね.
この1皿目からいきなり絶品デス!

そして平目が切られました.
平目 平目2
さらにこの平目,先ほどの1皿目で残ったからすみを付けても美味いというね.

お次は泡状のお皿が.
いくら1 いくら2
こちら,中にはイクラが.
しかもこの泡もイクラの中身から作っているそう!
何と手の込んだ仕事っぷりなんでしょ!
いくら3
さらにこちらにシャリを入れて絶品のイクラ丼が出来上がるという寸法です.

こうなるとすでに日本酒モード.
ジャパン1
いきなり見たことのない久保田が出て来たぞ.

さらに本日使う山葵です,と出てきたのはこの立派なモノ.
山葵 山葵,塩
この山葵と塩だけでもツマミになりますな.

そして氷見の鯖.
鯖
見た目は普通の鯖だけど,なぜか美味いんですよ−.

そして鰆のタタキはキャビアを背負っての登場です.
鰆
しっかりした味わいの雲丹をいただいたら,,,
雲丹
別のジャパンで迎え撃ちましょうか.
ジャパン2
トゥルっと仙鳳趾の牡蠣をいただいて,,,
牡蠣
また見たことのないボトルの登場です.
ジャパン3
そしてまた立派な蟹が.
蟹1
しかも内子と外子は香箱蟹,身は加納蟹だそうで.
蟹2
こうなるとみなさんジャパンのピッチも上がってきます.
ジャパン4
さらにジャパンに合うおつまみーズの登場だぁ!
からすみ
なかなか男らしい厚みのからすみですが,ちょこっと添えられた蟹味噌が超絶美味いんですよ!
ほのかにカカオのような香りがジャパンを進ませます.
と言うことで,さらに別のボトルが登場すると,,,
ジャパン5
お次は小丼.なんと!のどぐろの煮付けです.
ノド黒
ちょっと振りかけられた山椒が効いてます.

さらに帆立は↓のような立派なモノ.
帆立 帆立の殻
そして肝醤油が出てきた!と言うことは,,,
あん肝ダレ
ハイ,カワハギの登場です−.
タレ
カワハギは軽く炙ってあります.
カワハギ
そしてお次のジャパンはというところで,”そろそろレアモノを”という一言でこんなのが並んじゃいました!
十四代
何ということでしょう!こんなに十四代が並ぶのは見たことありません!
この中から純米大吟醸をチョイスしましょう.

合間に丹波の黒豆が登場して,,,
黒豆
さらに↓を混ぜておいて下さい,とのこと.
肝タレ1
コレはカワハギの肝とネギ,生海苔のタレ.
肝タレ2
どうやらカワハギがなかなか良かったので,お次はこのタレでいただくという寸法です.
3 4
コレが先ほどの肝醤油と違って風味が増して美味いのよ♪
もちろんジャパンにも合いますよ.

ココからは握りタイム.
まずはスミイカです.
スミイカ
こちらは上に墨塩が乗せられてます.

そしてガリはぶつ切りのタイプが.
ガリ
お次は加納蟹とトロのミルフィーユ握りという変化球が.
鮪・蟹
さらに軽く炙られた勝浦の金目鯛.
金目
また見たことのないジャパンを挟みつつ,,,
ジャパン7
鮪には何か乗ってますが,,,
鮪にぎり
コレは↓の皮ぎしの脂だそう.
かわぎし
合わせ技で適度な脂が補充されるという寸法のようです.

さらにコリッコリの赤貝.
赤貝
芽ネギを鮪の砂ズリで巻いたモノが出てきたり.
芽ネギ鮪
コハダは結んであるかのような握り方です.
コハダ
そして香ばしく炙られた海うなぎの海苔巻きをいただき,,,
海うなぎ
さらに変態的な握りの登場です!
寿司栄
白海老と鮪,雲丹,芽ネギが握られてますが,中にはいぶりがっこが,さらに金色に輝くイクラはヤマメの黄金イクラだそう.
コレだけ盛ると相性がどうかな?とも思うけど,美味くまとまってるのがスゴい.

ココからはお好みタイム.
私は煮蛤をいただきましょう.
煮蛤
そして鮪アゲイン.
鮪サク 鮪2
こちらは鮪の筋の漬け炙りとのこと.

〆にタマゴと,,,
タマゴ
デザート代わりに路地モノのほおずきをいただき,,,
ほおずき1 ほおずき2
ホントの〆の味噌汁をいただくころには,本気で満腹・満足デス!
味噌汁
お茶をいただくとすでに2時間半以上経過しておりました.
お茶
その後,帰りの運転はヨメにおまかせして,約1時間ほどで帰宅しました.
さすがに今回はコレだけレアモノのジャパンをガッツリといただいちゃったので,お値段はけっこういっちゃいました.
でも満足度はかなり高いです!
何しろモノは良いし,組み合わせも斬新.
こりゃ遠いけどまた来たくなりますねー!
また来る機会があれば,ぜひよろしくお願いいたしまーす☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://probeerer.blog26.fc2.com/tb.php/945-5b330096
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫